我が家のバスルームはTOTO製。
 というわけで、「カラリ床」が標準装備となっています。

 「カラリ床」は浴室の床に独特の凹凸パターンが刻まれていて、その凹凸によって床にたまった水の表面張力を壊すことによって排水を促すというもの。
 実際換気扇を回しておくと数時間で床が乾いてしまいます。

 ところが、溝が細かいため汚れがたまりやすい...という欠点を持ちます。
 パターンが細かい分掃除にも一苦労です。近年の「カラリ床」は若干改良されているようですが...。

 今日、トイレットペーパーを買いに近所のドラッグストアに行ったところ、こんな商品があるのを見かけました。


 パッケージには具体的な商品名が出ていないのですが、いかにも「カラリ床」のための商品です。
 ニュースリリースによると今年発売の新商品のようですが、まさに「そのための」商品でした(このリリースに出ている「デコボコ床」の一番上が「カラリ床」のパターンです)。

 早速買って使ってみると...これが効果覿面。
 スポンジに張り付いている細かいブラシがおもしろいように溝の汚れを落としてくれます。

 あっという間に新品の時のきれいさを取り戻しました。

 こういった商品が出る...ということは、最近この手の床がメジャーになりつつある...ということなんでしょうけど。

 それにしても世の中便利になったもんですなあ。
 我が家も2009年の新築からまもなく2年。
 住宅メーカーより、「2年点検のお知らせ」が来ました。

 もう住み始めて2年になるんだなあ...という感慨もあります。
 先日テレビを買い換えたり昨年はエアコンが増えたり、学習机を買ったり...などこの2年で増えたものはいろいろあります。幼稚園児だったともちゃん(仮称)は今ではランドセルをからって小学校に行っています。前住んでいたところ(オートロック付きマンション)ではお友達を家に呼ぶことはほぼなかったのですが、引っ越してから様変わりしました。前以上に辺鄙な場所なんですけどね。

 まあ、何が増えたって、何てったって「家族」が増えたわけですが。

 さとちゃん(仮称)もともちゃん(仮称)これからもこの家でいろいろ思い出を築いていくことでしょう。

 今日仕事をしていたら家から電話がかかってきました。

 「浴室の電球が切れた」とのこと。
 住み始めてから約2年弱。浴室の電球はユニットバスに標準で付いてきた照明器具をそのまま使っているためいまだ白熱電球だったのです。60W形(54W)がついていました。

 というわけで、某電機店に行ってこういうものを買ってきました。

everleds.jpg

 「LED電球」です。選んだのはパナソニックの「EVERLEDS(エバーレッズ)」(実売約3,000円)。
 従来の電球は光の角度が狭く、ある方向は明るく照らせても横や反対側は暗くなりがちでした。しかし、この製品は光の広がる角度が300度と電球と遜色ない光の広がりを実現している「全方向タイプ」なのです。

brled.jpg 早速浴室の照明として白熱電球の代わりに取り付けてみました。

 大きさは電球とそれほど変わらないため(1cmほど長い程度)、違和感なくとりつけられました。

 カバーをかぶせて点灯してみると、全方向タイプだけに確かに普通の白熱電球と違和感がありません。言われなければLED電球とはわからないような感じです。

 ただ、全方向タイプは通常タイプ(角度は120度程度)に比べると照度が弱いです。
 電球色(やや暖かみがある色)のタイプだと390lm(ルーメン)。白熱球だと30Wタイプと40Wタイプの中間ぐらいに相当します。

 確かに、元の電球が白熱球の60Wタイプだったので若干暗くなったようには感じますが、浴室ですからまあ明るさとしては十分でした。実用上の問題はまったくなさそうです。
 消費電力は従来の54W→7.2Wですからかなり減っています。

 もっとも、電球形蛍光灯「パルックボールプレミア」の40Wタイプだと消費電力は約7W。電力消費だけ見ればほとんど変わりません。ちなみに値段は「エバーレッズ」のおよそ半分です。
 消費電力はほとんど変わらなかったりするのですが、LEDだと蛍光灯と違って頻繁につけたり消したりしてもほとんど寿命に影響がないし、スイッチを入れた瞬間から時間がたたないと明るくなりきれない蛍光灯と違って、スイッチオンですぐ明るくなるのもLEDの特徴です。LEDは蛍光灯に比べ数倍寿命も長いので、交換の手間も少なくなります。

 現在我が家では電球形を含む蛍光灯が多いのですが、人感センサー付き照明では一部を除きミニレフ球を使用しています。
 今後球が切れ次第順次LEDタイプに交換していくことを考えているのですが、我が家ではけっこう障害が多いのです。

  • 家そのものはエコを考慮した断熱重視の設計となっているため、ダウンライトが断熱材入りになっている(LED電球は機構が意外と熱を持つため、断熱材入りだと熱がこもってしまうので、断熱材入りダウンライトでは使えない、ということになっています)。
  • 現在のところ、市販のLED電球は人感センサー付きの器具とあまり相性がよろしくない(一応調光機対応のタイプもありますが、ラインナップが限られしかも高価)。
  • 一部で使われているミニレフ球を代替できるような製品がない。

 LED照明が普及し出す前夜ぐらいのところでの設計だったため、節電器具は蛍光灯中心のプランニングになっており、また人感センサーもふんだんに採用しているため、LEDへの交換で得られる効果が限定されてしまったり、LEDへの交換に適さない場所が多かったりします。

 先に挙げた「パルックボールプレミア」との比較のように、同程度の照度だと実は消費電力には大差ない...という意外な盲点もあったりするんですよね。
 LEDの方はこれからの製品なので上記のような欠点が克服できるような製品開発をまだまだ期待...ってことですかね。

 我が家の風呂場の電球は当分替えなくてもよさそうではありますけど(^^;)。

pdp.JPG
 我が家では2006年12月に熊本で地上デジタル(地デジ)の放送が始まって以来、地デジ対応のDVDレコーダーを購入。2003年に買ったブラウン管テレビとの組み合わせで暫定的に地デジに対応させていました。

 我が家が建ったのは2009年のこと。
 アナログ放送終了まであと2年しかなかったため、従来のアナログのみにしか使わず地上デジタルには不要なVHFアンテナを設置せずUHFのみを設置しています。
 なので、テレビを見るために必ずレコーダーの電源を入れる必要がありました。

 いよいよアナログ終了が近づいてきたこともあり、この春地デジ対応のプラズマテレビを購入しました。

 従来のアナログテレビの消費電力量は年間約200kWh強。DVDレコーダーを合わせると300kWh/年近い電力を消費していました。今回買ったテレビは画面サイズは従来の28vから42vへと画面が大きくなったにもかかわらず約130kWh/年ぐらいのものということで、時代の進歩を感じますね。テレビ見るたびにレコーダーの電源を入れる必要がなくなったことで、意外と電力の節電にはなりそうです。
 3月11日に起きた東日本大震災。
 地震の恐ろしさもさることながら、津波が猛威をふるいました。
 家の構造も大切ですが、「どこに建てるか」ということについても重要なことだと再認識いたしました。

 犠牲になった皆様方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

 また、今回の地震によって、福島の原発をはじめとした発電所が被災したことにより特に関東地区では「電力不足」がクローズアップされることとなりました。

 さて、このブログでは以前より「LED照明」のことを話題にしていました。
 従来の白熱電球はもちろん、蛍光灯と比べても節電効果は期待できるのですが、コストの問題もありますので、なかなか導入までには至りませんでした。

 しかし、意外な形で我が家に初めてLED照明がやってくることになりました。

 娘のともちゃん(仮称)が4月からいよいよ小学生になります。
 ということで「学習机」を買ってあげました(祖父母からの資金も入っています)。

desk.JPG

 長年使うことを考慮しまして、きわめてシンプルながら質実剛健な学習机にいたしました。

 この机についているこのスタンドですが...

stand.JPG

led.JPG
 これがLED式の照明になっているのです。
 LEDが3個ついていて机上を照らす照明としては明るさは十分。
 消費電力10.5W。同様にスタンドとして使用する蛍光灯は27Wぐらいですから、節電効果は一目瞭然。

 また、寿命は「5万時間」ということで、1日8時間勉強しても17年ほど(小中高大と使っても余裕!)もつのだそうです。

 ちなみに器具の価格は蛍光灯の倍ほどでした。
 我が家の和室はリビングに隣接してあるのですが、本来的には「客間」として利用することを想定しています。
 しかしながら、今のところは子どもたちの遊び場となっている他、子どもが小さいので現在では「寝室」としても使用しています。

 我が家では室外の空気を床下を通して室内に導入する仕組みを導入しているのですが、やはり熊本の暑さってのは生半可ではない。

 おそらく子どもが子ども部屋で寝られるようになるまでは「寝室」は和室になるだろうし、それを過ぎても本来の「客間」としての機能を考えればやはり必要だろう...。

 というわけで、この空間に昨年新築の時点ではひとまず「棚上げ」としていたエアコンを導入することとしました。
 機種は「ぴちょんくん」でおなじみダイキン「うるるとさらら」
 北国出身ながら寒がりで、かつエアコンは乾燥が...という嫁のいーや(仮称)にとってはうってつけの商品です。まあお値段も相当...なのですが(^^;)。

 今日は日曜出勤の代休で1日休みでしたので、エアコンの取り付けをお願いしました。

 この「うるさら」には通常のエアコンにはない「換気用の配管」があります。しかもこの配管が割と太さがあります。
 なので、取り付けの業者さんにとっては他のエアコンに比べるとかなり取り付けが面倒な代物のようです。通常のエアコンは割と簡単に取り付けが済むところですがこの「うるさら」はかなり取り付けにも苦労があったようでした。

 結局2時間半ぐらいかかってようやく取り付け完了。

urusara.JPG

 試運転の結果も問題なく完了です。

 冷房・暖房・除湿はもちろん、加湿や換気・空気清浄、そして室内干しの機能なども完備しております。まさしく「何でもあり」って感じですね。

remocon.JPG ところで、このエアコンのリモコン。
 機能豊富なせいもあってかかなり大型で重量もあります。

 そして、温度はそのまま「温度」と書かれているのですが、湿度については「しつど」とかな書きになっています。

 まあ、漢字で「湿度」だと「温度」と字がよく似ているので、両者を明確に区別するためにあえて「しつど」とかな書きにしているようなのですが...。

 近年「ユニバーサルデザイン(UD)」がどうだのとよく言われているようですが、こういうところにもそれが現れているようです。
 そういえば、一部の駅でも漢字にすると表記が似ているところでは、片方をかな書きにする例がありますよね。
 たとえば、平成筑豊鉄道の「赤池」と「あかぢ(赤地)」のような例です。あと京成電鉄では「白井」と字がよく似ている「臼井」を行き先表示など一部で「うすい」とかな書きにしている例があります。
 昨年7月1日から我が家に住み始めて、早1年が経過しました。

 この1年で家の近くには歯医者や内科医院ができたり、コンビニができたり、バス路線ができたり...と生活環境はだいぶ利便性が上がってきました。
 以前住んでいたマンションではお友達を呼ぶことが滅多になかったのですが、今ではけっこうお友達を呼ぶことが多くなったようです。
 その一方で、住宅ローンや固定資産税の支払いが始まったり...などといった面もあります。

cleansui.JPG さて、今日は浄水器のカートリッジを交換しました。

 私が住む熊本市は水源を100%地下水でまかなっています。
 人口70万人規模の都市としては、全国に例を見ないほど水道水が「きれい」な地域なのです。
 ですので、浄水器などなくてもそれなりにおいしい水が飲めるのですが、小さい子どももいるし念のため...ということで我が家では浄水器をつけております。
 カートリッジは水の使い方にもよりますが、だいたい寿命が1年程度ということですので、このたび初めて交換しました。
 電子式の水栓だと使用水量などを感知してカートリッジ交換のタイミングを知らせてくれるタイプがありますが、我が家の場合は普通の水栓なので、そのような場合はとりあえず推奨のタイミングで交換しておいた方が無難かもしれません。
 ちなみに我が家の浄水器カートリッジはキッチンのメーカー(タカラスタンダード)で購入しましたが、実体は「クリンスイ(三菱レイヨン)」のOEM品のようです。

 交換の方法はそれほど難しいものでもなく、まず浄水器へ通じている水栓を閉じ、浄水器に挿入されている2本のホースを抜きます。
(このとき少し水がこぼれるので洗面器などを下に置いて作業するとよい)
そして、新しいカートリッジに2本のホースを「IN(入)」と「OUT(出)」を間違いないように(この製品は色で区別できるようになっています)挿入して水栓を開ければ完了。

 カートリッジは1万円強とけっして安いものではないのですが、近年スーパーなどに置いてある「水販売機」で1回4リットル程度を100円で買ってくるよりは安上がりかもしれません。

 それにしても住み始めて1年ってあっという間だったなあ...。
 先週末、我が家の「1年点検」がありました。
 主に基礎や外壁・内壁、水回り部分などを重点的に見て回られたようです。

 我が家も住み始めてそろそろ1年。
 さすがにそれほど家が傷んでいる...ってことはありませんが、洗面台の排水がちょっと悪くなったり...ということがありました。

KPP605801.jpg そこで登場したのが...

 「真空式パイプクリーナー~」(某ドラえもん風に)

 これは、先端部分を排水口にふたをするようにセットし、ハンドルを勢いよく前後させるといわゆる吸引カップ(ラバーカップ)よりも強力につまりを取ってくれます。

 洗面台で使うときの注意点は、オーバーフロー防止用の穴をしっかりふさいで使う必要があります。さもないと、この穴から勢いよく汚れ(洗面台内部の汚れ)が飛び出してしまいます(^^;)。

 ネットで検索すると1本2,000円弱ぐらいで売っているようですね。

 さて、前の記事で書いたLED照明採用の「ローソン」を夜に通りかかったので入ってみました。
 普通の蛍光灯だと平行に配置しているところ、LED照明は格子状に配置されていました。
 白色とやや電球色っぽいLEDが交互に使われていました。照明としては違和感はとくになく、明るさも十分だったと思います。

lawson.jpg

 なお、入口下のダウンライトはLED照明だったようですが、冷蔵ショーケースなどには通常の蛍光灯が使われておりました。

 ちょっと前までは、値段も高い割には色味などまだまだ発展途上なのかな~と考えていたのですが、こうして実際に使われているのを見ると、もうLEDの時代はそこまできているのだな...というのを実感しますね。

 もう少し普及が早ければ我が家でも使っていたのにな、と思うのですが...
 まあ、我が家ではよくあることです。

 今我が家にあるテレビは結婚した2003年夏頃に買ったものなのですが、ちょうど「地デジ」モデルのテレビが出回り始める直前でした...(東京などで地デジ放送が始まったのが2003年冬。ちなみに熊本は2006年から)。
 HDDレコーダーは地デジ対応のものを使っているので、地デジ放送そのものは一応見られるようにはなってるんですけどね。

LED照明

| トラックバック(0)
 職場への通勤途上にあるコンビニ「ローソン」がちょっと前に移転オープンしたのですが...。
 店内の雰囲気にちょっと違和感を感じて天井を見たら、

 どうやら、店内の照明がLEDになっていたようです。
 イメージはこんな感じです。

 昼間に行ったので、今度は夜の様子を見てみたいものです。
 こうしてみるとだいぶLED照明も身近になってきたものだなあ...と思います。

 LED照明はここ数年もてはやされてきており、近年はシャープ・東芝・パナソニックなどが電球型のものを出したりしてますが、蛍光灯とかなり特性が異なることもあって、一般家庭に普及するのはもう少し先の話だと思っていました。
 我が家でも導入は考えたのですが、その当時はコストパフォーマンスに若干難があるということで蛍光灯中心のライティング計画にした経緯があります。

 いずれはLEDへの切り替えも考えていきたいですが、つけたばかりの蛍光灯も寿命が長そうだしなあ...まだ使えるものを捨てる、ってのもそれはそれで問題だと思うし。
 2009年に住宅(並びに土地)を取得したことにより、2010年より「固定資産税」を支払う必要が出てきました(その年の1月1日で不動産を所有している人に課税されます)。

 ちなみに、私の住んでいる熊本市の場合2010年度の税額は...

 固定資産税が100分の1.4(1.4%)・都市計画税が100分の0.2(0.2%)

 となっております(自治体によって税率が若干異なります)。

 何に対して100分の1.4とか0.2とかなのかというと、「土地や建物の評価額に対して」となります。
 この「評価額」というのがけっこう曲者で、「実際に土地を買った金額や建物に投じた金額」というわけではありません。

 まず「土地」の評価額ですが、その地域の路線価などをもとに算出されます。
 実際にはおおむね地価の6~7割程度となるようです。その評価額が「課税標準額」の計算のもとになります。
 「家屋」の評価額は、理論上は「その建物を建て直した場合の価格(再建築価格)に経年による減価を加味したもの」という建前になっていますが、実際には建物の各部分(基礎・屋根・内装・外装・設備など)を点数化していった「再建築評点」を元に経年による減耗も加味して評価額を決定しているようです(そのために新築直後に市の資産税課が家屋を見に来るわけです)。
 こちらも通常は実際に建築にかかった費用よりは安くなることが多いようです。こちらも評価額をもとに課税標準額が計算されます。

 また、住宅用の「土地」に関しては固定資産税課税標準額は1/6(200平方メートルを超える部分は1/3)になります(都市計画税課税標準額の場合はそれぞれ1/3と2/3になります)。
 こうして出てきた課税標準額に税率をかけて税額が計算されます。
 また、新築住宅に関しては当初3年の間固定資産税が一定の条件により120平方メートル分の税額が1/2に減額されます(都市計画税には適用されません)。

 以上を踏まえた結果、200平方メートル強の敷地に延べ床約35坪(115平方メートル)の家が建っている我が家の場合固定資産税は「年間14万円強」となりました。
 ただし、新築住宅に対する軽減措置により、当初の年額は「約9万円」となります。

 熊本市の場合はこれを年間4期に分けて納付します。
 4月末から5月頃になって、算出の明細とともに納税通知書や納付書が送られてきますので、それを元に納税することになります。
 口座振替も利用できますし、コンビニでの支払いもできます。
 なお、納付書は一気に1年分送られてきますので一括納付も可能ですが、それによる割引があるわけではありません。

 そんな我が家もまもなく新築1年が近づき、住宅メーカーから「1年点検」のお知らせが来ました。
 早いものですねえ...。

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント